写真撮影方法

ネガでの撮影もそうですが、何度も撮りなおすことの出来るデジカメでも、何だか納得できない写真(構図)しか撮れないという方もいるかと思います。
カメラが古いから、解像度が低いから。と、機械のせいにしてしまいそうですが、実は、プロのカメラマンではなくても、ちょっとしたことに気をつけているだけで『良い写真』を撮ることが出来るようになります。

たとえば、被写体をど真ん中にいれて撮影している方へのアドバイスです。
まず、写真を縦・横方向に3分割してみてください。
3×3マスになるように線を引くと、4つの交点が出来るかと思います。
その交点に、撮りたいと思っている要素を重ねて撮影することでバランスの良い写真が撮れるのだとか。

また、被写体が人物であれば、その人の向いている先(行き先など)に、スペースが空くようにすると、全体的にスッキリした写真になりそうです。

他にも、背景がシンプルでイマイチ構図が決まらない・・・。というときに思い出してもらいたいのがこの方法。
被写体の後ろが、青く澄んだ空というシンプルな背景だったりしても、そのまま撮ってしまう。ということがありませんか?
そういうときには、片側に被写体を集めてバランスを崩してみる。など、工夫してみるのも良いかもしれません。

プロのロケーション撮影
二人の思い出の場所やお子様の大好きな公園など、名古屋市内のご希望の場所で
プロカメラマンがとっておきの写真を撮影します。
写真館「スタジオ・ノーブレム」
名古屋市千種区新池町4-76 TEL:052-753-4948

アングル

同じような方法になってしまいますが、日常生活では見ることがないようなアングルで写真を撮ってみると、面白い構図になることも。
かがんで、被写体と同目線でとってみたり、ビルの屋上など高いところから見下ろしてみたり、川原から橋を見上げたりなど、様々なアングルを試してみてはいかがでしょうか。

遠くまで続いているようなものを、綺麗に撮りたいのであれば、奥行きを考えた構図だと納まりがよくなります。
線路の一部分だけを写すのも味があるかもしれませんが、遠くまで見通せるのであれば、線路など続いている被写体の消失点までも含めてみるのも良いかもしれません。

写真プレゼントの新しいカタチ
記念の写真をパネルにしてプレゼントしませんか。
お気に入りの写真でインテリアパネルとしてもお使いいただけます。
「SMIFE(スマイフ)」 https://www.smife-web.com/

コントラスト

さらに、コントラストがはっきりした写真も見ていて気持ちの良いものです。
コントラストを調節する。といわれると難しく感じてしまいますが、簡単に言ってしまえば、陰で暗い部分と光が当たって明るい部分を作ればいいということです。
明暗がはっきりしているだけでも、教会などであれば、厳かな雰囲気も出せますし、遺跡など世界遺産に指定されているものを撮影する際にも重宝する方法かと思います。

最後に、インパクトが足りない。と感じたときにオススメの方法を紹介します。
標識など、まっすぐしたものをそのまま撮っても、あまり面白みがありませんよね?
ですので、思い切りよく斜めに撮影してみると、ダイナミックさが出てくる写真となるようです。